三重県|四日市市|三重機械鐵工|熱交換器|圧力容器|リチュービング|プラントメンテナンス|配管施工|

三重機械鐵工株式会社
【本社工場】
〒510-0101
三重県四日市市楠町小倉1701
TEL.059-345-2311
FAX.059-346-8383
 
【鹿島出張所】
〒314-0255
茨城県神栖市砂山2668-8
TEL.0479-26-3656
FAX.0479-26-3657
qrcode.png
http://www.miekikai-hp.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

三重機械鐵工とは

 

三重機械鐵工とは

三重機械鐵工とは
 
エネルギー産業とともに
 三重機械鉄工株式会社は、大正8年(1919年)に創業し、ボイラーの製造並びに水力発電所向け 鋼構造物の製作、据付けを主に社業を発展させてまいりました。 

昭和30年代、石油化学工業の発展に伴い、その要請に応え化学プラント用圧力容器の設計、製作に入り、電力・石油の2大エネルギー部門へと事業を拡大してまいりました。 

この間、圧力容器の製作に関する設計技術、機械加工、溶接技術及び試験・検査技術の改善開発に取組み、数多くのノウハウを積み重ねてきました。また、管板孔加工機、フライス盤、重切削用大型旋盤等のCNC工作機械の導入並びに溶接自動化の推進をはかり、今日まで技術の向上と生産効率化にたゆまぬ努力を続けております。 

このような豊富な経験と技術は、一貫体制のとれた最新鋭設備と相まって「ミエキの化学プラント機器」として、特に広範囲な材質での多管式熱交換器・圧力容器において、国内外で高い御評価をいただいております。 

また、プラントメンテナンスの分野においても、機器製作を通じて培われた永年の経験と溶接技術、補修技術を生かし、石油精製、石油化学工場や火力発電所・LNG基地での日常保全工事をはじめ、定期修理工事・機器改造工事・配管工事・溶接検査業務を実施し、顧客より信頼を得ている次第です。
<<三重機械鐵工株式会社>> 〒510-0101 三重県四日市市楠町小倉1701 TEL:059-345-2311 FAX:059-346-8383